Rokkanon-miike-Lake
えびの高原 六観音御池の紅葉 01
えびの高原 六観音御池の紅葉 02
えびの高原 六観音御池の紅葉 03
えびの高原 六観音御池の紅葉 04
えびの高原 六観音御池の紅葉 05
えびの高原 六観音御池の紅葉 06
えびの高原 六観音御池の紅葉 07
えびの高原 六観音御池の紅葉 08
えびの高原 六観音御池の紅葉 09

えびの高原 六観音御池(六観音池)(御池)の紅葉


《九州への旅行・宿泊が割引!》
紅葉の季節、【第二期】九州ふっこう割(10/1〜12/28)チケットを入手、お泊りで、えびの高原、霧島観光はいかがでしょう!

お願い〕

展望デッキで三脚を長時間使用する写真愛好家の方へ
紅葉の混雑時は、後からいらした一般の方に、気を配って頂くよう、お願い申し上げます。


アクセス

六観音御池(ろっかんのんみいけ)の地図 
国土地理院地図サービスリンク  えびの高原案内図(PDF) エリアマップ(PDF)

六観音御池(ろっかんのんみいけ あるいは ろくかんのんみいけ)は、直径約440mの火山性湖沼で、六観音池や、御池とも呼ばれ、えびの高原の代表的な自然観察路、(えびの高原の池めぐりコース)で行けます。
(六観音御池だけの目的でしたら、不動池側より往復した方が高低差も少なく距離も近いです。)
六観音御池の水深は14m、酸性湖のためにコバルト色をしています。

六観音御池

上記の写真は、白鳥山北展望台より撮影したものです。(現地案内板にもお使い頂きました。)





 現地案内板より Lake Rokukannnonmiike
えびの高原北部にある直径約500mの火口湖です。周囲には20m程度の小さな丘が連なって火口の縁をつくっていますが、西側は後の白紫池からの溶岩で覆われています。
火口の北から東部にかけてはベースサージ堆積物がみられ、はげしいマグマ水蒸気噴火によって出来た火口湖であることが分ります。
この池につながる川はありませんが、大雨が降って近くの白紫池の水位が上がると、そこからあふれた水が流れこむことがあります。
池の周囲をミズナラ・カエデなどの広葉樹とモミ・アカマツなどの針葉樹が混ざっている豊かな森に囲まれ、池の北には、この池の由来となった六観音堂があります。また、その参道には屋久杉を移植したと伝えられるスギの巨木があります。 (引用おわり)

紅葉の時期がオススメ

紅葉の時期、六観音御池の周辺はは、カエデ、ナナカマド、モミ、ツガ等が200〜300年生のアカマツの間を赤や黄色に染め、あたかも対岸が燃えているように見えます。
10月下旬頃に紅葉し、風のない時には水面に映った紅葉と相まり、見事な景色となります。 
イメージ→ (おあそび画像)
終始逆光気味の光の状態より、撮影は、14時〜16時頃が良いのでは?と思います。 
後ろにそびえる山は、霧島連峰最高峰霧島連山韓国岳(カラクニ岳)の火口です。
霧島の紅葉では、六観音御池の他に、大浪池の紅葉霧島神宮周辺の紅葉(時期的にはもうすこし後)がお奨めです。




えびの高原 六観音御池の紅葉

以前は展望台下へ降りられたのですが、2013年4月現在、水面近くはロープで立ち入り規制されておりました。





New

  • 《2016年紅葉情報》 今年は冷え込みが少なく、どこもそうかも知れませんが、紅葉は遅れ気味です。11月3日現在、ポツポツ紅葉状態のようです。
  • 2015年、紅葉の見ごろは、10月末でした。2015年は雨が少なく色付く前に枯れたようで、紅葉は早めに終わりました。
  • 《情報》福岡管区気象台は11月2日、大浪池付近で地震が急増したと発表。(震源は大浪池の南西約2キロ付近)。午前10時までに20回を観測、鹿児島県霧島市では体に感じる揺れも。
    硫黄山では10月28日と31日に登山道で硫化水素の臭いが確認されています。えびの市は、2日午後、硫黄山の中腹2か所に観光客や登山客に注意を呼びかける看板を設置。においを感じるところでは休息を控えるようにとのこと。
  • 2015年10月31日午後1時ごろ、硫黄山周辺で、継続時間が2分30秒程度の、振幅の小さな火山性微動が発生。火山性微動発生前後に、火山性地震が増加、同日午後3時までに合計17回発生。


2015年の紅葉情報
紅葉の見ごろは、10月末でした。2015年は雨が少なく色付く前に枯れたようで、11月はじめに紅葉は終わりました。

霧島連山登山(入山)規制情報  (2013年10月23日現在) 
新燃岳の噴火警戒レベルは2 入山規制対象は、獅子戸岳、新燃岳、中岳、大幡山などです。
えびの高原の池めぐりコース、甑岳は新燃岳噴火の影響も無く、入山出来ます。 → 新燃岳関連情報ページ

(以下は過去の記録です。)

2012年の紅葉情報
六観音御池の紅葉は10月26日現在、見ごろを迎えている。11月頭頃までは楽しめそうとの事。
大浪池の紅葉も始まっているようです。大浪池の一番の見ごろは11月頭頃かと思われます。

2011.11.02
えびの高原の池めぐりコース、六観音御池付近の紅葉が見頃を迎えているようです。
新燃岳噴火の影響で、霧島の主だった山が入山規制されておりますので、えびの高原の池巡りコースなどに紅葉狩りの方が集中、休日は混雑しそうです。 時間などに余裕を持った計画を。 (追記:11月6日既に落葉しているようです。)

2010.11.03
11月3日付、宮崎日日新聞によると“紅葉はここ数日にピークをむかえる見通しで、えびのエコミュージアムセンター
「天候に恵まれれば今月上旬まで楽しめそう」としている。”との事でした。→ えびの高原の紅葉が見頃 

2009.10.30
10月30日の宮崎日日新聞によると紅葉が見ごろを迎えている、今年は例年より10日程早く、週末頃まで見ごろとの事。

2008.11.05
えびの高原の六観音御池等が紅葉の見頃をむかえている。えびの高原の紅葉の見頃は週末頃までとの事。(11.05)

壁紙 六観音御池の紅葉の壁紙
2006年六観音御池の紅葉は3日からの3連休が見頃との事、順光になる午後がお奨めです。(2006.11.03)


六観音御池(六観音池)の歴史伝説

六観音池は霧島四十八池の一つで御池ともいう。
千年もの昔、性空(しょうくう)上人がこの池のほとりで法華経を読んでいたころたちまち老翁が現れて
我は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)なり。白鳥となりてこの池にすむこと久し。師の読教修行の徳に感応してすなわち身を現ぜり
といったので、上人は手ずから六観音の仏像を刻み、その地に白鳥山満足寺を建立して安置した。
それからこの地を六観音池というようになったという。

*明治元年の廃仏令で白鳥山満足寺は消滅、権現社のみが残り、白鳥神社と改名されたそうです。
現在の 白鳥神社のページ

下記画像もクリックすると1024pixに拡大します。

   えびの高原の紅葉 不動池〜六観音池自然観察道えびの高原の紅葉 奥にそびえる韓国岳えびの高原の紅葉 六観音池えびの高原の紅葉 六観音池
   えびの高原の紅葉 六観音池えびの高原の紅葉 お約束画像、撮影する人々 六観音池



 

紅葉(オリジナル) PhotoMiyazaki宮崎観光写真 霧島えびの高原 えびの高原 六観音御池(六観音池)の紅葉 

 当サイト内 宮崎県内の紅葉の写真 |えびの高原へのルートで撮影した紅葉
白滝と紅葉(五ヶ瀬町)竜ヶ岩の滝と紅葉(高千穂町)高千穂峡の紅葉
見立渓谷の紅葉鹿川渓谷の紅葉北郷〜田野の紅葉北郷イロハモミジの巨木
わにつか渓谷の紅葉山之口温泉青井岳荘の紅葉去川のイチョウ




 無断転載禁止  Copyright © 2005 -2011MORIMORI All Rights Reserved.




PhotoMiyazaki-宮崎観光写真について

人も自然もぽっかぽか Miyazaki
このページは、宮崎県在住のページ開設者(MORIMORI)が 宮崎県の観光、宮崎県のお奨めスポット・宮崎県の名所・宮崎県の史跡 ・宮崎県の景色・宮崎県の花・宮崎県の美味しいもの・宮崎県の神楽等に代表される伝統芸能等々・・Webに掲載したの写真で宮崎県を紹介 するサイト「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」の一ページです。

まだまだ、紹介しきれておりません。
宮崎県には良いところ・素晴らしい伝統・美味しいものがたくさんあります。
WEB(写真)では伝えきれません!

是非あなたも 「人も自然もぽっかぽか」 宮崎へいらしてください!
リンクフリー facebook twitter blog 等リンク大歓迎。