back 戻る宮崎観光ページへ〕 〔青島ページへ〕    

マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)

− マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 −

宮交ボタニックガーデン青島の「マーライオン」

宮崎県立青島亜熱帯植物園(愛称・宮交ボタニックガーデン青島)グラスハウス(大温室)の南西角には、シンガポール植物園との姉妹植物園50周年を記念して、設置された水を吐くマーライオンの像があり、記念撮影の人気スポットとなっております。
この大温室の南西角で堂々と水を吐くマーライオンは、シンガポール政府観光局から許可を得、制作されたもので、植物園のリニューアルオープン(平成28年3月)にあわせ設置されました。
シンガポールでは風水が重んじられており、このマーライオンの像も現地同様、縁起の良い東88度の方向を向いています。
※日本国内では大きな石材の入手が難しく、職人の数も限られるため、このマーライオンは中国福建省泉州の工場で、日本で作られた木型をもとに白御影石で作成したものとか。

マーライオン(Merlion) について・・・以下はwikipediaより一部引用
マーライオン(Merlion)は、シンガポールにある、上半身がライオン、下半身は魚の像である。材質は全身コンクリート製で波を象った台の上に乗り、口からは水を吐いている。
〔概要〕
同国の象徴的存在である。名称の"mer"はフランス語で「海」を意味し、シンガポール近辺にかつて栄えた都市の名「タマセク」(ジャワ語で「海の町」の意)にちなむ。それをシンガポールの名の元になったライオンと合わせたものである。
〜 PhotoMiyazaki宮崎観光写真サイトについて 〜
当サイトは、写真中心のサイトです。パソコンの壁紙サイズの写真も多く掲載、出来れば大きな画面でご覧ください。
主な写真は写真上をクリックすると、大きなサイズに拡大します。スマホ等でうまく拡大しない場合には、写真下の文字リンクをタップしてください。



マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)

− マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 −

マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)

− マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 −

マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)

− マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 −
 
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

 

マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) マーライオン 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)

− マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 −

マーライオン(Merlion) 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) マーライオン(Merlion) 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)

− マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 −

マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島

− マーライオン(Merlion) 宮交ボタニックガーデン青島 −

大温室について

小さな草本類から大きな花木までがバランスよく揃い、年間を通して彩り鮮やかな「トロピカルフラワーガーデン」となっています。
総ガラス張りの温室は、冬でも15℃以上を確保しており、20m四方のガーデンには約1600本の植物がぎゅっとつまっています。
花木が十分育つことができるよう天井の高さは14mあり、2階の回廊からは花を間近に見たり、鮮やかな風景を見下ろしたり、新しい楽しみ方ができます。
高木では、世界三大花木の力工ンポク、ホウオウボクがあります。(あと一つのジャカランダは外苑にあります。)
中低木では、ブーゲンビリアをはじめ、ハイドゥンキングやヒスイカズラ、メディニラなど、エキゾチックで美しい花々が揃っています。 (リーフレットより引用)




宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等

【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画


 
じゃらん 宮崎

 

青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) 入園案内(開園時間・休館日・料金等)

園内:年中無休 8:30 〜 17:00
大温室:毎週火曜日休館(祝日の場合を除く) 9:00 〜 17:00
料金:無料

アクセス・駐車場

住所:宮崎県宮崎市青島2丁目12-1
TEL:0985-65-1042(宮交ボタニックガーデン青島 管理棟)
地図:GoogleMap Mapfan Mapion
マップコード(843 161 678)
緯度経度:N=31.47.52.5 E=131.28.19.5(日本地理系)
JR:JR日南線青島駅から徒歩5分程度
駐車場:青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)の専用駐車場はありません。青島周辺の公共の駐車場(GoogleMapに掲載)もしくは周辺の有料駐車場利用

植物園の管理者:宮崎土木事務所
指定管理者:一般財団法人みやざき公園協会

青島亜熱帯植物園・大温室のリーフレット

リーフレット画像は下記リンク先で。
→ リーフレット画像

植物園マップ

青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) 園内マップ 青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島) 園内マップ


マーライオン(宮交ボタニックガーデン青島)宮崎県宮崎市

- 2016年3月(リニューアルオープン直後)撮影−
【当サイトブログ】|毎日更新(目標)アラカルトブログ宮崎観光ニュースひとりごとブログ
宮崎の写真投稿掲示板(BBS|PC用壁紙:宮崎の壁紙

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。

カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。
Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2016 MORIMORI All Rights Reserved.

-PhotoMiyazaki -

Back to Top