霧島新燃岳でごく小規模の噴火 噴火警戒レベルを引き上げ / 霧島

▶ in 霧島 posted 2010.03.30 Tuesday / 21:29

(最新情報追記)

新燃岳(しんもえだけ)中規模の噴火・警戒レベル3に

その後、2010年1月26日、新燃岳は噴火活動が活発化し、噴火警戒レベルが3に引き上げられました。
新燃岳の象徴的存在でもあった、あの美しい火口湖は溶岩に埋め尽くされてしまいました。(2011年2月5日追記)

その後5月6日再びレベル2に・・

 → 霧島新燃岳、再びレベル2に引き上げ

以下は過去に書いた本文です。 

宮崎県、鹿児島県境の霧島連山(霧島屋久国立公園)の新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)で3月30日、午前8時頃、ごく小規模の噴火があったようです。

霧島山(新燃岳)の火山活動解説資料 福岡管区気象台

新燃岳(しんもえだけ)

新燃岳は今後も小規模な噴火が発生する可能性があり、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げられました。
火口から約1キロの範囲では大きな噴石に警戒が必要とされ、立ち入りの規制がされております。
この区域外でも付近では小規模の噴石がある可能性があるとか。

読売新聞記事によると気象台の松田健助・地震津波防災官の話として「火山ガスは常時出ていて、火口内にたまる。登山者は規制に従い、絶対に近づかないでほしい」との事。

新燃岳の噴火は小規模噴火を観測した2008年8月22日(警戒レベル2)以来、1年7ヶ月ぶりです。
下記写真は、前回の噴火の時のものです。
2008年10月29日には警戒レベルが1(平常)に引き下げられ、警報解除となりました。
宮崎県高原町皇子原公園あたりからの撮影、右の山は高千穂峰です。

新燃岳 噴煙


続きを読む>>

- | -

Photo Miyazakiメインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp

「第35回国民文化祭・みやざき2020」「第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」ロゴマーク
-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP