今季はじめての高千穂の雲海 / 高千穂町

▶ in 高千穂町 posted 2010.09.18 Saturday / 10:53

宮崎日日新聞によると、2010年9月17日、高千穂の国見ヶ丘(標高513m)で、今季はじめて、全体を覆うような高千穂の雲海を見る事が出来たようです。
この日はたまたまだったのでしょうか、朝の高千穂地方は15度まで冷え込んだらしいです。

高千穂の雲海 01

当方の記録だと、秋に全体を覆うような雲海が出たのは・・
2009年は10月11日、2008年は10月2日、2007年は10月3日、2006年は9月24日からでした。
そういう意味では過去5年で一番早いという事になります。
これも異常気象なのでしょうか・・。
いや、天から観光客の皆様へのプレゼントではないでしょうか。

雲海は秋に限らず、稀に夏等でも出る事があるのですが、全体を覆うような雲海が見られるのは秋から初冬(おおむね9月中旬〜11月下旬)です。
時間帯としては、早朝(日の出前から日の出後1時間くらいまでが見頃)、雲海は発生する条件としては、晴天続きだが前日に少し雨などで湿気があり、昼と夜の気温差の大きい(温度差15℃以上)晴天無風の朝がベストです。
インターネットの天気サイトで、高千穂の予想最低最高気温/天気等を調査しつつ、予想の上、出向くと良いかと思います。

高千穂の天気予報 → Yahoo!

本格的な雲海は年に数える程しかありません。
もし見る事が出来たらラッキー!、きっと良いことあると思います。

高千穂の雲海 03 高千穂の雲海 04
 


続きを読む>>

- | -

高千穂峡遊覧ボート全面再開は当面先送り / 高千穂

▶ in 高千穂町 posted 2010.07.28 Wednesday / 08:48

追記5:
その後書いた記事 
高千穂峡のボート全面再開 / 高千穂町 2010.11.13 も参照願います。

追記4:

高千穂峡に人工物(ロープとブイ)が新たに設置されました。

 8月28日からの20m延長に伴い、真名井滝のところにロープを張ったようで、高千穂町のネットワークカメラでも確認出来ました。

高千穂峡ボート規制区域のロープ ブイ 赤い旗
 
高千穂峡ボート規制区域のロープとブイ

高千穂峡 ボート
[高千穂町ネットワークカメラ映像・・・一人で乗るにはある意味勇気が(^^;)]

写真では分かり辛いですが、手前の方で横方向にもロープが張っているようで黒いブイも見えます。

いずれ、実物を見た上で感想を追記したいと思います。



追記3:

全面再開は当面先送り、区間を真名井の滝側へ20m延長

8月25日付、宮崎日日新聞によると、高千穂町観光協会は8月24日、全面再開を固めていた高千穂峡のポートについて、当面先送りすることを決めたようです。
同協会の理事らが24日、ブイを浮かべ危険区域をロープで仕切った区間を試乗。
川幅が狭くなった事で衝突による事故やトラブルが予想されるなどとして全面再開を見送った。
安全が確保できなかったことを理由としている。との事が書かれておりました。

あの“オーバーハング”が前にある真名井の滝付近は、ブイで部分規制すると、かなり狭くなると思いますし、ボートを操るのは初めてとか、不慣れな方も多く、従来でも混雑期は“渋滞”が発生していたかと思います。
狭くなると、トラブルのもとかも知れません。

私はブイとロープを実際に見たわけではありませんが、8月22日付 宮崎日日新聞 県北記者欄“さんしょの実”に 県北記者の方が次のような印象を書いておりました。

一部引用 “設置の様子を見たが、やや景観が気になった。黒いブイ20個と、ブイ間を結ぶ白いロープ。
自然美が売りの渓谷に人工物が・・・。
一方で全面再開を求める観光客が多いのも事実で、実際乗ってみると最高だ。
でもこれでいいのか。
水面に浮かぶブイのように心が複雑に揺れ動く。” 引用終わり

 参考写真 (宮崎日日新聞)(8月25日)

なお、28日より、運行区間をこれまでの御橋までから約20m延ばし、真名井の滝手前まで近づけるようにするようです。

高千穂峡のボート から見た 真名井の滝
[真名井の滝を見ると、こんな感じでしょうか?(予想)]

こちらも操舵の不慣れな方の滝周辺での渋滞が少し心配です。
料金については書かれておりませんでしたので、おそらく現状(1000円/20分)のままではないかと思われます。

 *記事のタイトルは(当面先送り)に変更しました。



追記2: 全面再開が遅れているのは、オーバーハングの下の立ち入り禁止区域を表示するブイとロープの設置遅れが要因のようです。

 黒いブイに白いロープが真名井の滝の前に・・・


 
追記:水位も下がり、8月6日現在、ボートは営業されているようですが、7月に報道発表のあった、「従来の全面エリアでの再開」では無く、以前の御橋までの縮小エリアのままで営業再開されているようです。
雨が相当降りましたし、安全面からだと思います。
料金は、これまでの20分1000円のままと思います。(追記おわり)



*以下、本文の内容は7月28日時点のものです。

読売/宮崎日日新聞によると、高千穂町観光協会は7月27日、臨時理事会を開き、落石事故を受け、現在、ボート乗り場から御橋までの50mのエリアでの部分営業中の、高千穂峡の遊覧ボートについて、安全対策を講じ、従来のエリアで全面再開することを決めたようです。

高千穂峡のボート 03

 これまでの経緯は下記2つのページをご覧ください。
 高千穂峡のボートで落石事故 / 高千穂町
 高千穂峡のボート26日より部分再開 / 高千穂峡

6月19日以降長雨で水位が高い為、遊覧ボートは現在営業休止中ですが、水位が基準値に戻り次第、エリアを従来の形に戻し営業を再開することが報じられておりました。

落石事故の後、調査にあたった地質専門の瀬崎満弘・宮崎大准教授らは、「壁面上部がせり出す部分は地質的に崩落する可能性は否めない」と報告しており、それを踏まえ、事故後、御橋までのエリアに限定、縮小していたのですが、今回、オーバーハング(壁面上部がせり出す部分)の下に近づけないようにするなど、以下のような種々の安全対策を講じ、全面運行となったようです。

  • オーバーハングの下にボートを近づけないようにする。
  • 天候データーを蓄積し運行基準となるマニュアルの作成。
  • オーバーハング(岩がせり出している)3か所を定期的に観測する。
  • 乗船者への落石リスクの情報周知。他。

この他、ボートでの監視や壁面などの目視点検、月一回の岩をたたいて危険箇所を探る点検、2か月に1度の専門家による安全点検なども行うようです。

今回の対策の一番のポイントは、「オーバーハング(壁面上部がせり出す部分)の下に近づけないようにする。」だろうと思います。
今回の記事を書くにあたり、参照した新聞、宮崎日日新聞、読売新聞、両紙には書かれておりませんでしたが、ボートが近づけないように、物理的になんらかの形でボートをブロックするのだろうと「想像」します。
景観を出来るだけ損なわないような手法をとっていただきたいです。

今回の全面再開に伴い、ボートの貸し出し料金も、従来の30分1500円へと変更になります。

ともあれ、夏休みに全面再開、よかったです!
 
 


続きを読む>>

- | -

高千穂神社通線開通 / 高千穂町

▶ in 高千穂町 posted 2010.07.02 Friday / 21:30

高千穂町の国道218号バイパスと高千穂神社前の交差点(三田井の県道諸塚−高千穂線(旧国道))を結ぶ町道「高千穂神社通線」(片側一車線・260m)が7月1日開通したようです。
 今まで、国道218号バイパスに乗るには高千穂の町の中を走り、城山通りを経由、回り込むような形でバイパスに出る必要があり、結構不便でした。
今回の道路はそれをショートカットした形となります。
車道の両側には灯籠風の街灯を備えた幅広い石畳の歩道が確保されており、夜間も明るいためウォーキングなどにも活用しやすい道となっているいようです。
国道218号バイパスへの接続部分は、道の駅高千穂付近、国道の下を走る道の駅駐車場のアクセス道から分岐しているようです。 
道路の開通により、GW、夏休み等、観光シーズンの混雑もだいぶ改善されるのではないでしょうか。

「高千穂神社通線」総事業費は約8億3千万円、このうち約7億7千万円は国の交付金を活用。
2005年7月着工、このほど6月下旬完成したもの。

高千穂神社通線

この写真はまだ工事中の写真でして・・4月後半頃撮影したものです。
左側が高千穂神社の駐車場です。


続きを読む>>

- | -

Photo Miyazakiメインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp

-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP