綾照葉大吊橋への道路が通行止め / 綾町

▶ in 綾町 posted 2010.04.25 Sunday / 07:47

復旧情報追加
綾町市街地方面から大吊橋へのルート、時間規制の情報 
4月29日(木)より当分の間、時間規制 8:00〜18:00(片側交互通行)
警報装置作動時、大雨注意報・警報発令時は通行止めとなる。
土砂崩れの場所上部にはまだ亀裂があり、1時間4mm以上の地盤変動が観測された場合には、直ちに通行止めとなるとの事です。
夜間(18:00〜8:00)は引き続き全面通行止め。
今回の時間規制に伴い、大吊橋の営業時間が17:30までとなるようです。 

/ 追記おわり 以下は過去に書いた記事です。


4月24日付、宮崎日日新聞によると綾町の照葉大吊橋に通じる県道宮崎須木線(26号線)が大吊橋から2Km程下流(宮崎市側)で土砂崩れを起こし、現在、通行止め となっており、復旧の目処が立っていないようです。
土砂崩れが起きたのは、20日午前10時頃、道路上の斜面が幅60m高さ30mにわたり崩れ、同日より通行止めとなりました。
さらに22日夜には、再びがけ崩れが起こり、道路は完全に土砂で埋まったようです。

一月程前にこの道路走りましたが、対岸の斜面等を見ても、がけ崩れを起こしたような所が何ヶ所かあり、これほど照葉樹林が保全されていても、崩れるものなんだなぁと、思っていた矢先の出来事でした。

綾 照葉樹林の新緑 2 4月

今、まさに照葉樹林が新緑で彩られ、この辺り一帯が1年で一番“賑やかしく”そして“美しく”なる季節でもあります。
カシ、シイ、クスなどの照葉樹の森は4月中旬頃よりいっせいに開花し、新緑とで綾の山全体が盛り上がったように見え、モコモコした木々はあたかもブロッコリー、煙のようです。 → 綾照葉樹林新緑の写真(新緑のパソコン壁紙あり)

GWには例年一万人もの方がいらっしゃる時期だけに、今回の“メインアクセス道”の土砂崩れによる通行止めは非常に残念です。

小林市(須木方面)R265交点側からのルートでは問題無くアクセスできますが、このルートは結構道幅が狭いので、車の運転に慣れてらっしゃらない初心者の方、大きな車の方はあまりおすすめしません。(大型車通行不可)
今は改善されているかも知れませんが、数年前、走った際には、ところどころ普通車でも離合が厳しい部分もあったような気がします。

そんな道路なので普段は殆ど車とすれ違うこともありませんが、GWとか車の多い時期に20Km(1時間以上)もこういった道を走るとヘトヘトに疲れます。、ある程度の覚悟が必要です。

宮崎市側からは、別の迂回ルートがあるようですが、こちらは道が狭い上、入り組んでおり、一般の人が通るのは難しいとの事でした。
 


続きを読む>>

- | -

★綾照葉樹林でイワツツジ見ごろ / 綾町

▶ in 綾町 posted 2010.03.02 Tuesday / 07:50

綾町の照葉大吊橋付近でイワツツジが見ごろを迎えているようです。

イワツツジはヒュウガミツバツツジやコバノミツバツツジなど数種類のミツバツツジ類を総称したものらしいです。
綾町の町花でもあります。 情報元 3月2日付 宮崎日日新聞 県央面

以前撮影したものですが・・綾の岩ツツジの写真を2枚。
綾 岩ツツジ 01
照葉大吊橋を渡った先にある遊歩道沿いで撮影したもの。

綾 岩ツツジ 02
第二駐車場付近で撮影したもの。


続きを読む>>

- | -

雛山まつり開催中 / 綾町

▶ in 綾町 posted 2010.02.22 Monday / 20:20

今年も2月20日より綾町の中心部を中心に雛山まつりが始まったようです。
綾の雛山まつり自体は10回目と、歴史もそう古いわけではありませんが、綾町で雛山を飾る習慣自体は江戸時代から続いているそうです。

以下はひな山まつりのパンフレットより一部引用したものです。
綾の「ひな山」は江戸時代にはじまり、綾の北麗、梅藪地区が発祥の地とされてます。
女性は山の神とされ、山の神が住むのにふさわしいもので御祝いをしてあげなければという想いから「ひな山」がつくられたと言われております。
貧しい生活の中で、長女が生まれると親戚や隣近所の人たちが、粘土で土人形や木の枝で木製の人形などをつくり、山や川で拾ってきた巨木や、古木、奇岩、輝石を飾り付け、花木などを持ち寄って奥座敷に山の神が住む風景を再現したものが「ひな山」のはじまりであると伝えられています。
「ひな山」には、長女のすこやかな成長と末永くしあわせにとの願いが込められています。 (引用終わり)

綾 雛山祭り

写真は平成16年、第四回雛山まつりの時に撮影したもので、一般家庭に作られたものを撮影したものです。
部屋の一角にこういったものを普通に造っていたのですね。今の住宅事情ではちょっと厳しいでしょうか・・?!


続きを読む>>

- | -

Photo Miyazakiメインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp

-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP