道の駅えびの 4月20日オープン・道の駅つのも近々

▶ in えびの市 posted 2013.04.21 Sunday / 13:50

4月20日(土)、えびのインターチェンジ近くに「えびの」の“よかもん”を集めた「道の駅えびの」(愛称:「みなほぴあ」)が4月20日誕生。
県内では8年ぶりとなる新しい道の駅。15か所目となります。

地元で穫れた新鮮な野菜やフルーツ、ブランド牛として広く知らている宮崎牛などの販売(スタート時約2,000種)はもちろん、霧島連山を眺めながら、えびのの新鮮でおいしい農産物を手軽に楽しめるバイキングレストラン(山菜料理やキノコの天ぷらなど40種類)など、とっておきの「えびの」が揃っています。

「道の駅えびの」は、えびの市が建設し、JAえびの市が指定管理者となって運営。新聞記事によると、年間約28万人の来場者を見込んでいるとの事。

総事業費は約5億2000万円。
約1万2300平方mの敷地に約100台の駐車場を完備。
物産館などが入る建物は鉄骨平屋約980平方メートル。

場所は、えびのICの近く、えびのICを降りて268号を右折、すぐ。えびのICから車で約3分です。

Google MAPの地図

より大きな地図で 道の駅えびの を表示

マップファン地図リンク MAP

緯度軽度 
 N=32.2.48.1 E=130.48.28.1(日本地理系)

住所 宮崎県えびの市大字永山1003番地1

「道の駅えびの」の主な施設案内 (公式ページより)

■市場「結いの市」  
地元の農家で育ったみずみずしい朝どれ野菜やフルーツはもちろん、畜産の盛んなえびのならではの高品質な和牛をはじめとした精肉など、ここでしか買えない「えびの」の“よかもん”を集めました。

■食堂「えびのっ娘
地のもの」にこだわって。食のえびのを堪能。
季節に応じた旬の食材を丁寧に仕立てた、自慢のバイキングを。
雄大な霧島連山を眺めながら、えびの産の新鮮な食材を使った多彩なおいしさを愉しみいただけます。 
座席数97席
料金 中学生以上1,000円、小学生600円、未就学児400円 3歳以下は無料 ドリンクバー利用時は+100円(税込)*3歳以下はドリンクバー無料

■軽食「茶いっぺ Chaippe」 
やすらぎも、発見も使い方、自由自在。
心地よい風を感じるオープンテラス、旅をもっと面白くする観光案内所など充実の施設を揃えました。

完熟きんかんソフトクリーム

価格:300円
道の駅だと、やはり、その土地の特徴ある、ご当地ソフトクリームが最近は定番。
これを食べるのも道の駅の楽しみのひとつ、として、いらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
道の駅フェニックスに「えびソフト」が登場した時は結構話題になりましたね。

完熟きんかん

「道の駅えびの」は「完熟きんかんソフトクリーム」とか。
新聞記事によると、JAえびの市の話として、種を抜いた糖度18度以上の完熟きんかんをすりつぶし、原料に混ぜている”とか。
糖度18度というと、(糖度だけをとらえれば)宮崎の完熟きんかんブランド「たまたま」の中でも最高クラスの「たまたまエクセレント」と同じ糖度です。

「えびの完熟金柑ソフトクリーム」が正式名称でしょうか、あまりに平凡すぎます、クチコミなどの話題性を狙い「たまたまソフトクリーム」に変えませんか、語路いいですしね(笑)

きんかんを使ったソフトクリームでは、通年食べられるかは、未確認ですが、高千穂町の「がまだせ市場」、検索すると、レイクランド西郷温泉で「完熟きんかんソフトクリーム」で発売しているようです。
食べ比べしてみるのも面白いかも知れませんね。

- 追記 写真追加 - 食べました(^^;)

完熟きんかんソフトクリーム

もう少し甘さを控えめにした方が、きんかんの味が出てきそうですが、お子様などを考えればあのくらいが丁度いいのかも知れませんね。
つぶつぶが入ってて美味しかったです。
バイキングも楽しみにしていたのですが・・営業時間外でした。
(/追記おわり)

さらに追記
2013年5月20日付 読売新聞によると、完熟金柑ソフトは「ここでしか食べられない」と週末になると、1日に1,000個を売り上げる看板商品に定着しつつあるとか。/ (さらに追記おわり)


市役所内にあった、えびの市観光協会の窓口も道の駅えびの内に移したようです。


定休日・営業時間

定休日 毎月第3火曜日(祝日の場合はその翌日)
「結いの市」「茶いっぺ Chaippe」 
 営業時間 9:00〜18:00
「えびのっ娘」
 営業時間 11:00〜15:00
 (夜間については予約があった場合のみ対応)


続きを読む>>

- | -

えびの高原温泉ホテル(えびの高原荘)休館(改修工事)

▶ in えびの市 posted 2011.02.15 Tuesday / 12:59


お知らせ
《2016年9月追記》
 えびの高原荘宿泊レポ

《2011年4月追記》
えびの高原荘が2011年4月2日リニューアルオープンしました。
愛称は4月より「えびの高原温泉ホテル」から「えびの高原荘」に変更との事。
この記事の下部にじゃらんリンクを書いておきましたのでご覧下さい。 
3月23日に新燃岳への入山規制が半径3Kmになり、これまで通行止になっていたえびの高原から鹿児島県霧島温泉郷側への県道一号線は通れるようになっております。
4月3日 7:00AM現在、霧島周辺で一部、県道等、一般道の通行止め区間はありますが、降灰による鹿児島・宮崎県内の鉄道、空、高速道など交通の乱れはありません。
新燃岳噴火に関しては、当サイト内「2011年新燃岳噴火時系列」ページに別途公開しておりますので興味のある方はご覧下さい。追記おわり



えびの高原(標高1200m)にある唯一の宿泊施設(キャンプ場を除く)、えびの高原温泉ホテル(愛称名)(宮崎県営国民宿舎えびの高原荘)がホテルの改修工事等に伴い、2011年(平成23年)2月17日より休館となるようです。

尚、隣接するえびの高原スケート場はシーズン終わりまで営業予定との事でしたが、やはり客足が極端に落ち込み2月20日で今期の営業を終えたようです。

ホテルの工事期間:2011年(平成23年)2月17日〜3月15日(予定)
ホテル休館日:2011年(平成23年)2月17日〜3月15日、3月29日〜31日

詳細や最新情報は、えびの高原温泉ホテル公式サイト(3月31日迄)でご確認下さい。
余談ですが、“紅葉で色づく大浪池”は当方撮影の写真をお使い頂いておりました。

指定管理業者が「宮交ショップアンドレストラン株式会社」に変わるようです。

えびの高原温泉ホテル(宮崎県営国民宿舎えびの高原荘)は、併設するスポーツレクリエーション施設と供に、宮崎県の「指定管理者制度」による選定された「指定管理者」により運営されております。
平成17年度末まで、財団法人宮崎県公園協会、平成18年度から22年度までの5年間、ハイランドリゾートグループを指定管理者として指定(代表構成員(株)NPK)が運営しております。
宮崎県のWebサイトを参照すると、4月より(平成23年4月1日〜平成28年3月31日5年間)指定業者が「宮交ショップアンドレストラン株式会社(宮崎市)」に変わるようで、今回はその際の改装工事の為のホテル休館と思われます。
ノカイドウ えびの高原 
[えびの高原だけに自生する天然記念物のノカイドウ]

参考資料 (宮崎県Webサイトより)

宮崎県営国民宿えびの高原荘

所在地:えびの市大字末永1489番地
昭和37年10月に本県初の県営国民宿舎として、霧島屋久国立公舎えびの高原荘園のえびの高原の中心地付近にオープン。
えびの高原及び県西地域の観光振興の一翼を担う拠点施設。
現施設は、初代施設が老朽化したため、平成6年度から改築工事に着手し、平成8年に4月に竣工したもの。

・鉄筋コンクリート2階建
・敷地面積17,750屐 ̄箴果明4,100 ・38部屋、延定員130名
・温泉を利用した大浴場男女各1ヵ所、家族風呂4ヵ所

過去4年間の宿泊者数の推移
・平成18年度13,167人・平成19年度13,672人
・平成20年度12,378人・平成21年度12,203人

宮崎県営えびの高原スポーツレクリエーション施設

日本最南端の天然スケート場として親しまれていた白紫池スケート場が結氷不十分となり使用できなくなったため、えびの高原莊の南側隣接地の国有地内に屋外の人工スケート場を整備。平成元年オープン。

・冬場はアイススケート場、それ以外はインラインスケート場として利用
・リンク部面積1,800屐

過去4年間の入場者数の推移
・平成18年度23,912人・平成19年度25,055人
・平成20年度22,701人・平成21年度20,946人


続きを読む>>

- | -

えびの高原が紅葉見頃 / えびの市 

▶ in えびの市 posted 2010.11.02 Tuesday / 17:08

えびの高原が、紅葉の時期をむかえているようです。
えびの高原は標高1200メートルある為、先月より、10℃以下に冷え込み、日中でも10度以下の日があり、モミジやハゼなどが赤く色づいているようです。

えびの高原の紅葉スポットで有名なのは、えびの高原の代表的な自然観察道、えびの高原の池めぐりコース)で行ける六観音御池です。

六観音御池(みいけ)の周辺はは、カエデ、ナナカマド、モミ、ツガ等が200〜300年生のアカマツの間を赤や黄色に染め、あたかも燃えているように見えます。
完全無風状態になると、六観音御池の湖面が鏡のようになり、水面に反射した紅葉がそれはそれは美しいのですが、滅多にそんな条件はありません。
カメラを構えて、ひたすら じーーーと待つのみです。
この写真を撮影した時も、昼過ぎから数時間粘りましたが、結局風は収まらずじまいでした。

えびの高原 六観音御池の紅葉 01
[六観音御池、山は韓国岳(カラクニダケ)]

六観音御池は、白紫池経由で行くより、不動池側から歩いた方が坂も少なく、距離も近いです。
不動池から30分程度で行けたかと思います。
ただ、こちらは単純な道で変化もあまりなかったかと思います。
 


続きを読む>>

- | -

Photo Miyazakiメインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp

-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com

PAGE TOP