【直前予約・空室カレンダー情報】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

関之尾滝 岩肌崩壊・被害甚大 / 都城市

▶ in 都城市 posted 2010.07.08 Thursday / 12:36



都城市の関之尾滝は日本の滝百選にも選ばれ、年間約20万人(2009年は約17万人)が訪れる観光名所です。

関之尾滝 01
[普段の関之尾滝]

その、関之尾滝ですが、先日の集中豪雨で庄内川が氾濫、濁流が流れ込み上流より濁流が押し寄せ、滝周辺の岩肌が崩壊したり、滝上部の遊歩道や石垣も流失、トイレや炊飯棟といったキャンプ客用施設など約10棟が倒壊などの被害を受けたようです。

朝日新聞によると、7月7日現在、公園内はほとんどが立ち入り禁止になっているようですが、展望台付近からの滝の遠望は可能のようです。
上に掲示した写真は、この「展望台」から撮影した写真です。
展望台から滝を見ることが出来るだけでも幸いでした。

下記リンク(都城市観光協会のブログページ)に写真(拡大写真も)がありますが、滝上流の甑穴部岸にあるカマドなどのある棟も崩れ、建物も崩壊しかけたりと、写真で見ただけでも思った以上に甚大な被害のようです。
都城市観光協会ブログ

7月8日付 宮崎日日新聞の記事によると
滝上流では2日からの豪富で1時間に100mmを超える雨量を記録しており、3日朝には通常よりも水位が7〜8mは上がっていたようです。
岩肌が崩落したのは関之尾滝の大滝(幅40m高さ18m)で、滝の右岸側の岩が高さ20mにわたって落下。(朝日新聞よると幅は約20m)
つり橋を支えるワイヤ周辺部もむき出しになっている。
国の天然記念物に指定されている滝上流の甑穴(おうけつ)群周辺に整備されていた遊歩道や休憩施設なども大破、流失。現在も増水したままで甑穴群は水に覆われ雑木やコンクリート片が散乱している。
 施設を管理する市商業観光課では「ロ蹄疫の後に追い打ちを掛けるような被害。水位が下がった後に安全性を確保した上で、つり橋だけでも早く再開したい」としている。とのこと (一部引用おわり)

紙面には「滝の右岸側」とありますが、都城市観光協会のブログページの写真を見ると滝に向かって左側のようです。
こういった表現をする場合、上流から見て左右というのでしょうかね。
この部分かどうかわかりませんが、この付近は以前にも崩壊していたかと思います。

7月9日付 朝日新聞によると、都城市は、基礎部分の土砂が流出したつり橋の安全確認や公園内の修復整備などに「少なくとも年内いっぱいはかかるのでは」と話しているとの事です。

* 恒例の夏の滝のライトアップは、今年は口蹄疫のこともあり、中止が決まったようです。 

宮崎のホテル・旅館など

宮崎県のホテル旅館民宿ペンション




-
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com
宮崎県の特産品等をお取り寄せ
宮崎牛やマンゴー、冷汁など
みやざき便.com


関之尾滝 02

関之尾滝の滝の上流部には、長さ600M 幅80mにわたって広がる甌穴群(おうけつぐん)があります。
写真ではわかり辛いですが、石に穴が開いております。

関之尾滝 02a

この穴・つまり甌穴(小さい瓶のような穴)は、約11万年前に形成された河床の大きな溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)(火砕岩の一種)の割れ目に砂や石ころが入り水の力と長い年月をかけて出来上がったもので現在も進行中です。


秋は、隠れた紅葉のスポットでもあります。

関之尾滝 03

関之尾滝 04

先のページで倒壊しかかった建物はこれかも知れません。

数ヶ月前でしたか、甑穴(おうけつ)の数を数えようというイベントが関之尾の滝で企画、夏に予定されていたと思うのですが、口蹄疫で延期もしくは中止となってしまったんだろうなぁと思っておりました。

先日、都城は口蹄疫の関連の移動制限も解除、一段落し、これから夏休みに向けて観光面でも復活を、という矢先の出来事です。

恒例の六月灯、都城の夏のまつり、おかげまつりも今年は、口蹄疫の関係で中止と聞きました。

 以下のイベント等も中止

7月11日 あじさい朝市
7月11日 くまその里よろず市
7月11日 都城ぼんち市
7月29日 科長神社六月灯
8月 1日 たかお夏祭り
8月 7日 都城盆地まつり
8月 7日 高崎夏まつり
8月29日 高城観音池まつり

何故に、こんなことになってしまうのでしょう。

関之尾滝、豪雨で一変 岩壁崩落、施設も倒壊 朝日新聞

過去に撮影した写真 → 関之尾滝の壁紙
 





Youtube MORIMORI


「宮崎観光ニュース」について

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
 記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当サイト内ページへのリンクは連絡無用・Twitter、フェイスブック、ブログ、BBS等からも自由にどうぞ。

〜 宮崎観光ニュース | 関之尾滝 岩肌崩壊・被害甚大 / 都城市 〜

- | -

ページ作成:MORIMORI

Photo Miyazaki メインページへ戻る


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp

PAGE TOP