宮崎観光ニュース

宮崎県の花の開花情報や観光関連ニュースなどを中心に・・。
東九州自動車道 宮崎市−延岡間 3月16日開通
[PhotoMiyazaki宮崎観光写真へ]
<< フローランテ宮崎 イルミネーションフラワーガーデン 2013-2014 | 宮崎観光関連ニュースTOP | 宮崎-延岡間の高速バス「ひむか」4月1日より運行開始 >>
このページの他に[宮崎観光ひむかブログ2] [開設者のひとりごと] も時々更新しております。
  

東九州自動車道 宮崎市−延岡間 3月16日開通

東九州道(イメージ写真)

 3/16 東九州自動車道 延岡−宮崎間が全線開通しました。 

(※ ここで記載した通行料金は3月時点のものです。4月以降は消費税増税分が加算されます。)

東九州自動車道 日向−都農間(20km)の開通、3月16日を予定

 当初予定より1年前倒しとなり、2013年度開通予定であった、東九州自動車道の日向−都農間(20km)の開通日が、3月16日を軸に最終調整していることがわかったようで、1月10日付、宮崎日日新聞の一面で報道されておりました。

日向−都農間 距離20km
トンネル6本(延べ3.9Km)、橋14本(4.2Km)と構造物が4割を占める。
片道一車の暫定2車線道路で制限速度70Km 
区間の利用料金:軽自動車550円 普通車650円
但し、平成26年8月31日までは、早期開通割引料金が適用され 軽自動車 300円 普通車 350円 となる。
ETCによる時間帯割引などは、さらに重複適用とのこと。

(後日、東九州自動車道の日向−都農間は、正式に3月16日15時00分に開通と発表がありました。)

東九州道 マップ
[上の地図は、新聞記事を元に作図・本文と関係のあるICのみ記載しております。]

延岡−宮崎間の開通ですべて一般道を走るより65分短縮

1/17付、読売新聞には日向―都農間の開通で、宮崎市と県北の拠点都市・延岡市が高速道路(約95Km)で直結。両市間の所要時間は約85分となり、一般道を使う場合より約65分短縮される。と書いてありました。

走った記憶では、最高速度は、70Kmだっと記憶(区間により違いあり)

日向〜都農間開通は、約20分間の時間短縮以上に恩恵あり

現状、途切れた区間、日向IC〜都農IC間を国道経由で走った場合の所要時間は、実走してみた結果、スムーズに車が流れている場合で約35分位です。よって、この日向-都農区間が結ばれることによる時間短縮はおそらく20分位かと思われます。
一般道が混雑する時間帯ではさらに差は大きくなると思われます。
一度自動車道を下りて、一般道を走り、再び自動車道に乗るということが無くなるのは、運転上の疲労もかなり少なくなりますし、走行距離も短縮、信号などでのストップ&ゴーも無くなり、車の燃費も格段に良くなろうかと思われます。CO2などの排出ガスも抑制され、環境にも良いです。

県下の重要観光地でもある、高千穂へも北方ICまで繋がる事になるので、観光上でも大きな効果が期待できるものと思われます。
高千穂市街地〜宮崎西IC間はスムーズに車が流れていた場合、2時間程度と思われます。)

宮崎市へは、宮崎西IC? 宮崎IC?

県北部から宮崎市へ東九州自動車道を利用する場合、宮崎駅付近、シーガイア付近へは宮崎西ICを利用した方が早いし、リーズナブルです。
(延岡−宮崎西間は普通車2,350円、日向−宮崎西間は普通車1,750円)

空港等、宮崎市南部方面へは、少し遠回りになりますが、清武JCT経由、宮崎自動車道を利用して宮崎ICを利用した方が、宮崎市内の10号線220号線等一般道を走るより運転が楽です。
国道220号線で、混雑渋滞しやすいポイントは、宮崎市中心部「橘通り」、中村交差点周辺、源藤交差点あたりです。
「渋滞」と言っても都心部などからいらした方は、日常の流れくらいかと思いますが(^^)

余談ですが、県南 日南・飫肥へ行かれる目的でしたら、清武JCT経由、宮崎自動車道の田野ICで下りて、県道28号線を使うと、観光シーズン等でも渋滞なしで行けると思います。
観光的には日南海岸沿いのドライブをオススメしますが・・。
→ 当サイト内 関連ページ

北浦−須美江間は3月8日15時に開通

延岡市 北浦−須美江間(6.4Km)も、3月8日に開通します。

暫定2車線で規制速度80km。通行無料。
延岡市から大分県佐伯市までの所要時間が約1時間分となり、一般道を利用した場合と比べ10分短縮される。
須美江ICは、宮崎・日向方面への乗降りしか出来ません。
須美江ICから大分・佐伯へは行けません。宮崎市方面から須美江ICで降りることは出来ません。
今回開通する北浦−須美江間(6.4Km)は無料で通行できる自動車専用道路です。

 → 開通式典について。

日豊海岸 須美江付近

今回の開通により、「日豊海岸」と「日南海岸」が自動車道で結ばれた感もありますね。

東九州自動車道、宮崎市〜北九州間 全線開通は2016年春へ延期

2014年度中に宮崎市から北九州市までの全区間が高速道でつながることになる予定でしたが、福岡県内の用地取得の遅れで、椎田南−豊前(7.23Km)区間の開通は2016年春になってしまうようです。
(延期の発表により、該当部分内容を2014年4月19日修正)

北九州、宮崎両市間東九州自動車道でつながると、北九州〜宮崎市間の所要時間は約4時間半との事。
 

良いことばかりではない・・ちょっと気になること・・。


東九州道に限ったことではありませんが、この種の自動車道は、追い越しのために設けられた一部区二車線区間以外は、ほぼ対面の片側一車線道路で、かつ、中央分離帯のない、ポールや低い縁石だけで仕切られた区間が多く、ハンドル操作を誤れば簡単に相手斜線へ飛び出してしまい、正面衝突、高速走行故、大事故につながりかねません。
東九州自動車道日向IC付近にて
予算などの制限からでしょう、十分な広さの路側帯が確保されていない区間も多いようです。
事故が起きれば、おそらく緊急車両の通行や、事故処理で即、通行止めとなり、迂回する車は大混雑となるものと思われます。

昨年 東九州道で正面衝突事故 祖父と孫死亡 乳児重体、7人重軽傷という痛ましい事故もおきております。
2013年10月26日 TBSニュース動画
http://www.youtube.com/watch?v=Prt1ayRtvKI

今回の開通に伴い、交通量も増えると思われます。

ドライバー自身の安全運転はもちろんの事、ハード面でのさらなる安全確保、改善、県警による交通指導などものぞまれます。

それでも、もしもに備え、ドライブレコーダーを車に備えるのも一手段なのかも知れません。

 → ドライブレコーダー(amazon)

便利さと相反してしまう、ストロー効果(ストロー現象)、他も気になるところです。
国道10号線沿いの、観光施設や飲食店や、販売店などへの影響が気になります。
直接的な影響かどうかは未確認ですが、10号線沿いの、とあるレストランが閉店したとの話も聞きました。

県内の東九州道には給油所が無いので要注意!
高速道路上の給油所は、宮崎自動車道を含めても、現在のところ県内にはありません、高速道に入る際には燃料の残りに十分留意を。
※ 一旦廃止されていた、宮崎自動車道、小林市の「霧島SA」の給油所が夏頃に「復活」するようです。

東九州道の完全開通に伴い、隣県ではありますが、これまで遠かった大分県と宮崎県がかなり近くなります。
泊まりが日帰りになることも予想されます。

大分県から多くの方に宮崎へ来ていただけるよう、官民一つとなって商品開発や、大分県での宮崎観光PRなどに力を入れていただきたいものです。

あとは・・日南側の整備、そして延岡市と熊本県御船町を結ぶ予定の、九州横断自動車道延岡線(法定路線名) 通称「九州中央自動車道」の早期着工・完成を望むところです。

宮崎県の観光的には・・高千穂から都井岬まで自動車道で結ばれる日が早く来ると良いのですが・・串間を含む、日南〜志布志間(40Km)は、まだルートさえ決まっていないのが実情です。


延岡〜宮崎区間 供用履歴

1990年2月 延岡南道路 供用開始
2000年3月 宮崎西−清武 供用開始
2001年3月 西都−宮崎西 供用開始
2005年4月 国道10号延岡道路「延岡−延岡南」 供用開始
2010年7月 高鍋−西都 供用開始
2010年12月 門川一日向 供用開始
2012年12月 都農−高鍋 供用開始
2013年3月 清武JCT−清武南 供用開始
2014年3月 都農−日向 供用開始 

関連リンク(外部)

NEXCO西日本では、地域の協力により、当初計画より早期に開通が可能となったことから、早期開通割引を8月31日までの期間限定で実施します。

NEXCO西日本ニュースリリース

東九州自動車道(日向(ひゅうが)IC〜都農(つの)IC)が平成26年3月16日に開通します
― 早期開通割引を期間限定で実施 ―

「早期開通割引」概要

対象区間:東九州自動車道 日向IC〜都農IC
実施期間:2014年3月16日(日)〜2014年8月31日(日)
対象時間:終日(24時間)
対象車両:日向IC又は都農ICを発着し、かつ新規開通区間(日向IC〜都農IC間)を通行する九州内(九州自動車道 門司IC以南)の各IC相互間を利用する全ての車両。
割引額、割引適用後の料金。
・割引対象区間(日向IC〜都農IC)の通常料金の最大半額を割り引き。


延岡河川国道事務所 北浦−須美江間開通のPDF資料

NEXCO 西日本 東九州自動車道 開発・建設進捗状況
宮崎県高速道路資料集(2013年) 宮崎県

「東九州の新時代」創造シンポジウムの開催について (宮崎県)
 開催日:平成26年2月10日(月曜) 午後1時30分〜

東九州自動車道の田久保川橋工事 寺迫ちょうちょ大橋

三井住友建設、東九州自動車道の田久保川橋工事が竣工
世界初のバタフライウェブ橋、寺迫ちょうちょ大橋が竣工(日経)

東九州道 延岡−宮崎開通 リーフレット

東九州道 延岡−宮崎開通 リーフレット
東九州自動車道は、九州の東側において、北九州市を起点とし、福岡、大分、宮崎、鹿児島の各県を結び鹿児島市に至る延長約436kmの高速自動車国道です。
今回開通するのは日向ICから都農ICまでの延長20.O kmの区間です。これにより延岡市から宮崎市間が高速道路で結ばれることになります。

★効果1-アクセスの向上(延岡市~宮崎市)
今回の開通により、延岡市~宮崎市間の高速交通ネットワークが形成され、すべて一般道路を利用した場合と比較して、約65分間の時間短縮となります。

★効果2一救急医療活動への貢献
都農町内から北側の延岡市内にある第3次医療施設への搬送時間が一般国道10号利用と比較して約65分から約48分へと約17分間短縮されます。これにより、都農町内から南側の宮崎市内にある第3次医療施設に現在供用中の東九州道を利用して搬送する場合の約52分とほぼ同程度の所要時間となり、医療活動における選択肢が広がり救急医療活動への貢献が期待されます。
※第3次医療施設…一般病院で治療できない重症救急患者に対応でき、24時間の診療体制がとれ、かつ高度の診療機能を有している病院をいいます。

★効果3一周辺地域の活性化
日向地域は、日向夏や鶏肉等で県内有数の生産量を誇り、農林水産業が基幹産業である宮崎県の中でも農業生産量が大きい地域です。また、当該地域では国の重要港湾である細島港の国際物流ターミナルの整備着工や県北屈指の細島工業団地に、製造業等の各種企業が進出しており、今回の開通により高遠道路へのアクセスが向上することで、物流の効率化が図られ、地域産業の活性化や発展が期待されます。

NEXCO西日本

道路には、正式名称「法定路線名」と「営業路線名」があるようで、「延岡道路」は、「東九州自動車道」となるのかと。

ここで クエッション 
【Q】「法定路線名」第一東海自動車道はどこでしょう?
【A】 回答は右空間をドラッグ → 〔「東名高速道路」です。

日向市 高速道路開通記念ロゴマーク

東九州自動車道「日向〜都農間」の開通を控え、、市を挙げて盛大に祝うとともに、日向市の魅力をより一層強く県内外に発信していくため、「高速開通!日向がGOOD(ぐっと)近くなる」をキャッチフレーズに定め、多くの人が親しみやすい「ロゴマーク」について、平成25年12月16日から平成26年1月15日まで、全国的に募集。 
以下の二点に決まったようです。
日向市 高速道路開通記念ロゴマーク
日向市 高速道路開通記念ロゴマーク

東九州自動車道「北浦〜須美江(3/8)」、「日向〜都農(3/16)」の開通を記念し、各地でイベントが開催されます。

【東九州自動車道「日向〜都農間」開通記念プレイベント】
開催日 平成26年3月2日(日曜日)
物産展&ステージイベント
開催時間 午前10時〜午後4時
会場 日向市お倉ケ浜総合公園
イベント内容
道の駅のうまいもの、日向入郷・都農地区の海の幸・山の幸が盛りだくさん!
家族みんなで楽しめるステージイベントには "みやざき犬"をはじめ
県内東九州自動車道沿線7市町村"ゆるキャラ"大集合必見です!

★それいけ!アンパンマン ショー(観覧無料)★
開催時間 1回目:午前11時〜 /2回目:午後2時〜
この他、お楽しみ盛りだくさん!

ハイウェイフリーウォーキング
高速道路入場時間 午前8時30分〜午前11時
ウォーキングセレモニー 午前9時〜
ウォーキング開催時間 午前9時〜午後1時
開催場所 日向インターチェンジ南側高速道路上
コース:日向IC南側〜砂田川橋前 折り返し(片道:4km)
etc
問い合わせ 
日向市建設課高速道対策室 0982(52)2111

東九州道 日向 都農 開通イベンチラシト

【北浦〜須美江 開通記念イベント】
日時=3月9日(日)10:00〜15:00
場所=延岡市北浦町吉江港
内容=物産展(「道の駅」新商品PRなど)、ステージアトラクション、観光船組合による体験クルージンクも実施。
問い合わせ 
延岡市 高速道対策課 0982(22)7045


その他のイベントについては、宮崎県のページを参照願います。

東九州道 宮崎市−延岡間 3月16日開通


【追記 2014年3月4日】

NEXCO西日本と連携した高速道乗り降り自由の周遊型割引企画

宮崎県は、2014年度「東九州自動車道を活用した観光誘客促進事業」(1千万円)を計上。
大分県と共通の観光パンフレット作成や、NEXCO西日本と連携した高速道乗り降り自由の周遊型割引企画、同県をターゲットにしたキャンペーンに取り組む。
 このうち周遊型割引は九州初の試み。四国や中国などのインターチェンジ(Cしから宮崎県・大分県内までの往復と、両県内の2、3日間乗り放題を割安の定額で利用できる。
県は宮崎空港や宮崎港から来県した場合も対象とし、夏と冬の実施を予定しているとの事。(情報元:3/4付 宮崎日日新聞)

周遊型割引企画って何?

聞きなれないものなので、調べてみました。過去の事例を参照すると、周遊型割引プランの利用にあたっては、利用開始日までに事前申込みが必要との事。
申し込みは、指定「ウェブサイト」にて、利用開始日及び利用期間、申込者氏名、居住都道府県、連絡先電話番号、メールアドレス、利用するETCカードの番号及びその有効期限並びにご利用する車種を登録することにより行うようです。

日向IC〜国道10号を結ぶ「日向バイパス」3月14日開通

日向市財光寺で宮崎県が整備を進めていた国道327号日向バイパスが3月14日開通する。近接する国道10号も一部4車線化を終え、同日から通行が可能になる。


豪華賞品当たりますよ〜 e-mailでも応募できます。(3月18日迄)

東九州自動車道(宮崎〜延岡間)開通記念プレゼントキャンペーンの実施について(宮崎県)

追記報告: 実は上のキャンペーン応募していたのですが、なんと当選しちゃいました!! 告知不足で、競争率低かったのかも?

GWの渋滞 5月4日 門川−日向 上り車線で渋滞約9Km

大分方面への交通量が増加、門川IC料金所から混雑が始まったようです。


【2014年6月追記】
6月5日付 宮崎日日新聞記事によると、3月に開通した日向-都農間の4月の一日平均利用台数は6,900台で、NEXCO西日本が本年度に見込む1日平均5,100台を上回ったようです。
4月はGWや、花の季節、行楽の時期なので・・今後、どう推移するかでしょうね。




宮崎県のホテル・旅館など



ホテル・旅館など【JTB】国内旅行



■ PhotoMiyazaki宮崎観光写真検索エンジン

 (当サイト内ページの検索が出来ます。)

 ネットで予約 宮崎県のビジネスホテル観光ホテル旅館レンタカー
 【JTB】九州のおすすめ旅館・ホテル
---
| 宮崎県全体 |東九州自動車道 宮崎市−延岡間 3月16日開通|
---

※本サイト内ページの内容については、その完全さに関して、いかなる保証をするものではありません。
サイト内ページに関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負うものではありません。
記載された情報・内容は、先々変更になる場合があります。
最新情報等は、公式サイト等でご確認をお願いします。

*リンクフリー*当ページへのリンクは連絡無用・ブログからも自由にどうぞ。
*本文中の新聞記事のリンクは、時限のものが主ですので消えます。
PhotoMiyazaki宮崎観光写真 宮崎観光ニュース関連
---
<< フローランテ宮崎 イルミネーションフラワーガーデン 2013-2014前の記事
---
次の記事宮崎-延岡間の高速バス「ひむか」4月1日より運行開始 >>
---



宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン用壁紙作りました。


都井岬の御崎馬
都井岬・夕日と御崎馬
神話のふるさと みやざき 温故知新ものがたり 宮崎県ロゴ
宮崎の花 はまゆう
人も自然もぽっかぽか おもてなし 宮崎なまりと いい笑顔
−宮崎観光ニュースページについて− 
リンクはご自由に〜 ブログからでもBBS(掲示板)からでもなんでも勝手にどうぞ〜
このページは、当サイト内ブログ、「宮崎観光ひむかブログ」や「開設者のひとりごと」に書く程、文章、写真、資料はないけど、それでもこれは記録しておきたいと思う事柄を新聞ニュース記事等を参考に、後追いでここに掲示しているものです。皆様の宮崎観光の参考になれば幸いです。尚、このページは記録メインのページにつき、コメント欄等は設けておりません。