宮崎の太陽back[Photo Miyazaki 宮崎観光写真 TOPページへ]

宮崎神宮 タイトル写真
神話のふるさとみやざき 温故知新ものがたり ロゴ

宮崎神宮

Miyazaki sightseeing photograph collection-MIYAZAKI Shinto Shrine-
宮崎神宮(宮崎市)の位置 [宮崎神宮へのアクセス] 宮崎県宮崎市神宮二丁目4番1号
宮崎神宮の場所(MapionMAP) GPS情報 N=31/55/56 E=131/25/27 
駐車場 社務所前駐車場 もしくは西神苑
電車 JR宮崎神宮駅下車徒歩10分 バス 宮崎神宮下車徒歩5分宮崎市の天気予報
宮崎神宮のバリアフリー情報 → 宮崎県のページ

宮崎神宮の御祭神

主祭神 神日本磐余彦尊 カムヤマトイワレヒコノミコト(神武天皇)
 配祀 父神 鵜葦草葦不合命(ウガヤフキアエズノミコト)  母神 玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)

宮崎神宮の由来

社殿によれば神武天皇の孫にあたる健磐龍命(たていわたつのみこと)が九州の長官に就任した際、祖父のご道徳たたえるために鎮座したのが始まりと伝えられ、第十代崇神天皇、第十二代景行天皇の熊襲征伐の折に社殿の造営があり、ついで応仁天皇の頃に日向の国造が修造鎮祭せられら旨が旧記に伝えられている。

ご称号と旧社格

明治前 神武天皇宮、神武天皇社と呼ばれる。  明治6年5月 県社に列せられ宮崎神社と改称。
明治8年8月 国幣中社に昇格。  明治11年5月 宮崎宮と改称。  明治18年4月官幣大社に昇格。
大正2年7月 宮崎神宮と改称。  昭和21年2月神社制度の変革により社格が廃止。 (宮崎神宮小史より一部引用)

宮崎神宮 

宮崎神宮MAP(地図) 拡大します。

宮崎神宮社殿 

 現在の社殿は明治神宮などを造営した建築家・伊東忠太らが設計、設計明治40年(1907年)の竣工で、材料は県産の狭野杉で造られています。
戦後多くの神社仏閣が俗化する傾向の中、この宮崎神宮は昔のままに美しいほうき目が残り、お土産品店等も立ち並ぶことなく、自然豊かな広大な緑の森に囲まれ、清らかで、すがすがしく、格式と歴史を感じる社です。

宮崎神宮の別宮、摂社、末社

別宮 狭野神社 (高原町)
摂社 皇宮神社(皇宮屋とも呼ばれる)(下北町)
末社 五所稲荷神社

宮崎神宮の祭りと神事

1年の祭りと神事を書いた別表(宮崎神宮の主な祭りと神事一覧)を参照してください。

神武さま

宮崎神宮は、紀元前7年までこの宮崎の宮で天下の政治をとられたという初代天皇神武天皇とその父ウガヤフキアエズノミコト、母玉依姫命タマヨリヒメを祀る伝統ある神社で、市民からは宮崎神宮、神武天皇の事を「神武さま」と呼び親しまれています。

神武大祭

宮崎神宮例祭本宮祭(10月26日)の週、土・日に御神幸祭 が開かれます。
もともとは氏子区域を回る小規模なものでしたが、明治42年に現在のような大掛かりなものとなったようです。
神賑(しんしん)行列は約1000人が参加、同神宮を出発し、橘通りを経て4、5キロ離れた瀬頭御旅所・大淀御旅所(隔年)まで、ゆったりとしたペースで練り歩く祭りで、宮崎の秋の風物詩となっており、沿道は多くの見物客で賑わいます。

Miyazaki Shrine

Formerly an lmperial−Class shrine,the deity and first emperor of Japan Jinmu is enshrined here along with his fathe“Ugayafukiaezu no mikoto” at his left and hismother“Tamayori−hime”at his right It is a clean and elegant structure made of local Sano cedar Every autumn there is a large festival in which the people of the ctty Celebrate Emperor Jinmu and the celebration is known as one of Kyushu's “Three Great Festivals”.

【お得な宿泊情報】九州旅行、「九州ふっこう割」最大で70%引き、7月より開始
九州旅行、最大で7割補助 九州ふっこう割
【お得な情報!!宮崎県の宿泊割引企画】宮崎県が宿泊費を一部負担する「夏はやっぱり宮崎!【日本のひなた宮崎県】旅行券」のクーポン配布が6/20より、「じゃらんnet」「楽天トラベル」でスタートしております。 1名から利用OK!最大1万円の割引 お急ぎくださーい。
宮崎県内の宿泊、最大で10,000円引き
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

New

平成28年初詣情報

初詣交通規制等 → 地図参照

平成27年度(2015年)の「神武さま」日程

本宮祭 10月26日(月) 宮崎神宮 10時〜
御神幸行列
   10月31日(土) 宮崎神宮御発輦 13時〜16時
 11月1日(日) 瀬頭御旅所御発輦 13時〜16時
神武さま広場 10月31日(土) 高千穂通り 17時45分〜21時

新ページ作成 → 新緑の宮崎神宮

〔以下は過去の記録〕
宮崎神宮 雨の新緑 クスノキなどの新緑が美しい季節。雨で一層潤って見えました。
平成26年度 神事流鏑馬の写真を 掲載しました。 → 宮崎神宮 流鏑馬

平成26年度流鏑馬 4月3日 (少雨決行)

4月3日(13:30〜) 奉幣の儀 、(13:50〜)馬場入りの儀、 (14:00〜15:00)神事流鏑馬本儀
平成26年は、流鏑馬馬場の桜は3月24日頃には見頃になっておりましたので、流鏑馬当日、桜は殆ど残っていないかも知れません。

末社 五所稲荷神社 神苑にある 仁王像

五所稲荷神社のページを作成 イチョウの黄葉(概ね11月末頃)が美しいです。
仁王像の写真ページを作成。 

参道 ライトアップ宮崎神宮参道ライトアップ

9月6日(金)〜14日(土)まで参道がライトアップされております。 → 写真

平成25年度「神武さま」

10月26日(土)
 10:00~ 本宮祭(宮崎神宮)
 13:30~16:30 御神幸行列:宮崎神宮御発輦 (宮崎神宮~瀬頭御旅所)
 17:45~21:00 神武さま広場(高千穂通り)
10月27日(日)
 13:00~16:00 御神幸行列:瀬頭御旅所御発輦 (瀬頭御旅所~宮崎神宮)

「Grace of Japan(グレースオブジャパン) 神社百景」

#70「神話の里・宮崎市 〜青島神社、宮崎神宮〜」
 BSJAPAN 8月25日(日) 18:00〜19:00  → 番組公式サイト 

記紀編さん1300年記念 宮崎神宮御改称百周年 奉祝コンサート

宮崎神宮は大正2年7月、「宮崎宮」から「宮崎神宮」へとご改称となり、本年、百周年の節目の年を迎えました。
平成25年9月14日(土) ※入場無料(要事前申し込み)
(応募要領を書いておりましたが、募集定員をオーバーしたので募集を締め切ったようですのでリンクを削除しました。)
宮崎神宮神門内
 スケジュール
 18:00 宮崎神宮巫女舞・JC太鼓
 19:00 井手綾香コンサート
 20:30 終了

以下は過去のアーカイブです。

古事記編さん1300年記念事業 「浅野温子よみ語り」 宮崎神宮で開催。 

 平成24年(2012年)10月19日(金)     
 17:00 開場 17:45 オープニングアトラクション開演
 18:30 浅野温子よみ語り 〜 20:00 
 演目
  「イザナギ・イザナミ 夫婦に訪れた永遠の別れ」
  「日御子イワレビコとイツセ、東を目指す」 → 詳細

古事記編さん1300年記念  〜 ボランティアガイドによる 宮崎神宮 神話・観光定時ツアー 〜

古事記編さん1300年、宮崎神宮改称100年を記念して、宮崎市を代表する神話・観光スポットである宮崎神宮において宮崎市神話・観光ガイドボランティア協議会による神話・観光定時ツアーが(土日祝日)に一日二回行われております。

【期 間】 2012年7月21日〜2013年3月31日(年末年始12/29〜1/3除く)の土日祝日
【時 間】 1日2回  10:30〜、 13:30〜 ※ 1ツアー約60分
【参加方法】 宮崎神宮 休憩所前(ガイド案内看板が目印)に集合 (予約は不要で現地集合、現地解散となります。)
【参 加 費】 無料
※荒天時等天候により催行されない場合がございます。
【主催】 社団法人 宮崎市観光協会 【催行】 宮崎市神話・観光ガイドボランティア協議会 【協力】 宮崎神宮
詳細は → 宮崎市観光協会のページで

平成24年度(2012年) 「神武さま」 

古事記編さん1300年にあたる、平成24年の 神武大祭は 10月27日(土)・28日(日)。
10月27日 先頭 最終 10月28日 先頭 最終
宮崎神宮前 13:00頃 14:20頃 大淀御旅所 13:00頃 14:20頃
江平五差路 13:35頃 14:55頃 中村交差点 13:15頃 14:35頃
デパート前 14:00頃 15:25頃 デパート前 14:10頃 15:30頃
中村交差点 15:05頃 16:15頃 江平交差点 14:40頃 16:00頃
大淀御旅所 15:15頃 16:35頃 宮崎神宮前 15:15頃 16:35頃

平成24年 初詣 交通規制 駐車場案内等

  → 新聞掲載地図

平成22年度(2010年) 「神武さま」 

本宮祭 10月26日(火) 午前10時
御神幸行列 
10月30日(土)宮崎神宮御発発輦 13時〜 /  10月31日(日)大淀御旅所御発輦 13時〜
御神幸行列経過時間見込(先頭・最後尾)
10月30日 宮崎神宮(13:00・14:20)→江平五差路(13:35・14:55)→デパート前交差点(14:00・15:25)→中村交差点 (15:05・16:15)→大淀御旅所(15:30・16:50)
10月31日 大淀御旅所(13:00・14:00)→中村交差点(13:15・14:20)→デパート前交差点(14:10・15:25)→江平五差路 (14:40・15:50)→宮崎神宮(15:15・16:30)

当サイト内関連話題 → 平成22年 神武さま 平成22年神武さまガイド 他写真数枚追加

平成20年度の神武さまの写真 (一昨年の写真ですが・・)

宮崎神宮の神殿などが登録有形文化財に

文化審議会は12月11日、宮崎神宮の神殿や幣殿などの建築物7件と正門など工作物4件を新たに登録有形文化財にするよう文部科学相に答申。 宮崎県内では61件目となり、県内の神社関連では、日向市の大御神社の本殿、幣殿、拝殿(平成11年指定)に続く二件目となります。。
参考まで・・国指定重要文化財関連では、巨田神社本殿(宮崎市)S53、興玉神社内神殿(都城市)S58、神門神社本殿(美郷町)H12、高千穂神社本殿(高千穂町)H16 がそれぞれ指定を受けております。

 御田植祭の写真 38年ぶりに宮崎神宮の御田植祭が復活しました。
 平成21年初詣交通規制情報画像(周辺地図の参考に残しておいます。)

平成20年度の神武大祭(アーカイブ過去の記事です。) 

平成20年(2008年)神武大祭 
御神幸行列 期日: 2008年11月1日〜2008年11月2日 時間: 13:00〜15:00
神武さま まるわかりガイド’08 より 交通規制、神武さま広場プログラム等ピックアップ転載
平成20年(2008年)のご神幸行列コース予想通過時刻 
(古式ゆかしく延べ2000人の行列・今年は大淀お旅所までの往復)
予想時刻(先頭・最後尾)
11月1日:宮崎神宮(13:00・13:40)→江平五差路(13:35・14:10)→デパート前交差点(13:50・14:35)→中村交差点(15:00・15:20)→大淀御旅所(15:10・15:30)
11月2日:大淀御旅所(13:00・13:30)→中村交差点(13:10・13:45)→デパート前交差点(14:10・15:10)→江平五差路(14:40・15:30)→宮崎神宮(15:25・16:00)

平成19年度の神武大祭(アーカイブ過去の記事です。) 

ひむかブログ2「宮崎神宮大祭(神武大祭)」および宮崎神宮大祭}神武さまに今年の写真を掲載しております。
平成18年度宮崎神宮大祭の案内(プログラム、交通規制等)スキャン画像(アーカイブ)

天然記念物 オオシラフジ

東神苑には、国の天然記念物に指定されている天然記念物のオオシラフジがあり、4月中旬にみごとな花を見せてくれる。
(2006年は4月12日頃見頃を迎えた。オオシラフジは中旬、ノダフジ(紫)は下旬までが見頃でした。

日向神話 神々の系図 皇居屋(こぐや) 美々津 
歴史の参考リンク→神話のふるさと 宮崎歴史館 日向国の神武天皇 動画ひむか神話街道・宮崎市
PRJTBサイトで宮崎のホテルの空室確認/予約 レンタカー予約  ニッポンレンタカー ご利用の1時間前までネット予約ができる!

-- 宮崎神宮 の 写真 --

[画像はクリックすると800pix幅に拡大します。]
宮崎神宮 01 宮崎神宮 02 宮崎神宮 03
宮崎神宮 04 宮崎神宮 05 宮崎神宮 06 現在と異なる旧写真につき拡大写真は削除しました。
宮崎神宮 07 宮崎神宮 08 宮崎神宮 09

-流鏑馬(やぶさめ)-


宮崎神宮では五穀豊穣を願う「流鏑馬(やぶさめ)」が毎年4月3日(神武天皇誕生祭)に本殿西に位置する流鏑馬馬場にて行われます。
桜満開の下、行われる流鏑馬神事は迫力と美しさを備え見ごたえあります。 流鏑馬の写真(画像)
宮崎神宮 流鏑馬神事
 

-天然記念物 オオシラフジ-


国指定天然記念物 宮崎神宮のオオシラフジ

中国原産 同種では、わが国で最も大きい樹木である。
根周り2.95mで幹が二つに分かれている。西の枝は径1.6m、東南の枝は径1.41mあり長く伸びている。
樹冠は西南方面に約12.23mに達し、東方面にはあまり伸びず 約6.35mである。
四月中旬頃、真白で大きな花を咲かせ皆の目を楽しませてくれている。
オオシラフジは 正式学名ではなく、フジの一品種(マメ科のシロバナフジとの事)で白く大きな花をつけることからその名がついている。
明治40年(1907年)当時の宮崎町長が植えたもので、樹齢約200年との事。(昭和26年国天然記念物指定)

下記画像のフジの花はオオシラフジの隣にあるノダフジの画像です。こちらも見応え十分。
このページでのオオシラフジは幹の画像だけです。オオシラフジの花の画像はこちらのページをご覧ください。
フジのある場所は参道、社務前辺りを右へ50m程度の所。花の時期でなくとも巨大な幹を見る価値は十分あろうかと思います。

 フジに関する参考リンク フジ (植物) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮崎神宮-オオシラフジ-宮崎神宮-フジ-宮崎神宮-フジアップ-

フジ以外の植物 → 宮崎神宮 ラクウショウの紅葉

-- 宮崎神宮 秋の大祭(神武大祭)より 神賑(しんしん)行列の写真 --

宮崎神宮神武大祭画像01 宮崎神宮神武大祭画像02 宮崎神宮神武大祭画像03
午後に同神宮を出発、瀬頭お旅所まで約4Kmを約1000人の華やかな行列が練り歩く。2日目は同刻、復路となる。2003年より、目玉だったパレードは古式ゆかしい雰囲気を強調する為、同神宮関係者によるご神幸行列、古代人や神様に仮想した市民や、稚児行列、シャンシャン馬の三つに限定。それ以外の団体は高千穂通りを歩行者天国にして郷土芸能を披露する「神武さま広場」に出演するようになった。(2005年は10/29,30)

シャンシャン馬
2006年の ご神幸行列コース先頭の予想通過時刻 (アーカイブ)
27日:宮崎神宮(13:00)→江平五差路(13:35)→デパート前交差点(13:59)→中村交差点(15:06)→大淀御旅所(15:25)
28日:大淀御旅所(13:00)→中村交差点(13:19)→デパート前交差点(14:26)→江平五差路(14:50)→宮崎神宮(15:25)
2006年神武大祭の祭に書いたブログ記事→神武さま広場で神楽を
 
2005年の ご神幸行列コース先頭の予想通過時刻 (アーカイブ)
29日:宮崎神宮(13:00)→江平五差路(13:44)→デパート前交差点(14:10)→県庁西交差点(14:37)→瀬頭お旅所(15:05)
30日:瀬頭お旅所(13:00)→県庁西交差点(13:28)→デパート前交差点(13:55)→江平五差路(14:21)→宮崎神宮(15:05)

シャンシャン馬 

 神武大祭神賑(しんしん)行列にはシャンシャン馬も花をそえる、シャンシャン馬とは 昔の宮崎周辺の風習で、鵜戸さん詣りと言われ、七浦七峠と呼ばれる険しくつらい路を、花嫁を馬にのせ、花婿が手綱をとって、鵜戸さん(鵜戸神宮)へ向かい、宮詣りをして家路につくという旅の事です。
馬につけた鈴のその音からの由来と聞きます。
宮崎交通のWebPageによると “ミス・シャンシャン馬が初めて宮崎神宮大祭にお目見えしたのは昭和24年。この年と翌年は宮崎市から5名選んだが、26年から各市代表となる。(当時は宮崎・延岡・都城・日向・日南・小林の6市)この各市からの代表は45年まで続き、46・47年は宮崎交通の社内からそれぞれ5名を選出。そして48年、宮交シティの誕生を記念して現在の一市七町制となって現在に至っている。”とあります。
詳しい内容は 宮崎交通こちらのWebページををご覧下さい。

時代の流れ、若者の興味離れ?運営面(スポンサー)絡みでしょうか、現在 ミスシャンシャン馬は 地元銀行、百貨店等、地元企業など主要協賛企業の社員から選出されています。 (乗馬の練習も大変そうです。)


「古代の船」を再現しPR 神宮大祭、「おきよ丸」神幸行列を先導

 2005年より県産材を使い古代の船を再現した全長12mの模造船が登場し、御神幸行列を先導する事になった。
古代船は西都原古墳群から出土した舟形埴輪(はにわ)をモデルに綾町の工芸作家らが7月より製作。
神宮の神木と県産スギを材料に使い、重さは約1.3トン。
完成品は実際に海に浮かべることはできないが、外形は舟形埴輪を再現したもの。
神武天皇らの一行は今回より台車に乗せた古代船に乗船したパレードという形となる。
古代船には神武天皇役や妻の阿比良(あひらつ)姫役をはじめ、従者に扮した約25人が乗り込み、祭りを盛り上げた。
製作費は約1000万円とか。  当サイト内 関連記事 ひむかブログ宮崎神宮神武大祭
古代の船の再現 おきよ丸古代の船の再現 おきよ丸

 この古代船を再現した「おきよ丸」は宮崎神宮内の御奉安所(西神苑)で常時見る事が出来ます。

This shrine, surrounded by untouched forest, is the site of many festivals throughout the year.
The biggest is the "Aki-no-Taisai" festival, held each October. During this festival, there is a big parade of richly decorated "Shan Shan" horses (so named due to the sound the bells they wear make) and people dressed in traditional Japanese clothing, all the way from the shrine to the middle of town.

宮崎神宮大祭年表 (2012年8月時点でのWikipadiaより引用 最新版はこちらにてご確認を)

  • 1785年  御神幸祭に関する記述がみられる最古の年。
  • 1876年  宮崎神宮(当時は宮崎神社)公式の資料に御神幸祭に関する記述のある最古の年。これを根拠として
  • 1876年  宮崎神宮大祭の始まった最初の年とされる。
  • 1877年  西南戦争のため中止。
  • 1880年  宮崎市中村町の住民が御鳳輦(神輿)の渡御を嘆願。これが許可され御神幸の範囲が拡大される。
  • 1899年  宮崎神宮(当時は宮崎宮)の社殿改装のため1906年まで中止。
  • 1907年  宮崎神宮の改装が完了し、御神幸行列が復活。
  • 1909年  御鳳輦を新調。御神幸行列が現在のスタイルに改められる。
  • 1912年  明治天皇の崩御に伴い中止。
  • 1913年  瀬頭に御旅所が建築され、例祭を含めて4日間の開催となる。
  • 1914年  昭憲皇太后の崩御に伴い中止。
  • 1927年  大正天皇の崩御に伴い中止。
  • 1940年  流鏑馬武者行列が登場。
  • 1944年  御神幸行列を1日に短縮。
  • 1945年  例祭のみ実施し、御神幸行列を中止。
  • 1949年  ミスシャンシャン馬が登場。宮崎市内から代表者を選出。
  • 1950年  宮崎神宮御神幸祭奉賛会を設立。宮崎商工会議所が主体となった。
  • 1951年  ミスシャンシャン馬を宮崎県内各市からの代表制とする。この年のみ中央御旅所を設け、御鳳輦はここで2泊。
  • 1957年  中村御旅所を休憩地とし、瀬頭で御鳳輦を2泊させる形式に変更。
  • 1960年  中村・瀬頭でそれぞれ御鳳輦を1泊させる形式に戻す。
  • 1965年  御旅所が中村(偶数年)・瀬頭(奇数年)の隔年交代となり、御神幸行列も2日に短縮される。
  • 1971年  日程が現行のもの(26日例祭、御神幸行列は例祭後の土曜日・日曜日)に変更。ミスシャンシャン馬が宮崎交通社員からの代表制となる。
  • 1972年  御神幸行列初日(土曜日)の夜間に橘通り(国道220号)を歩行者天国とする。現在の「神武さま広場」の原型。
  • 1973年  ミスシャンシャン馬が宮崎市と周辺の町からの代表制となる。
  • 1988年  昭和天皇病臥による「自粛」のため中止。
  • 2000年  ミスシャンシャン馬が公募制になる。
  • 2001年  ミスシャンシャン馬が協賛企業の社員から選出される方式へ変更。
  • 2003年  「神武さま広場」が高千穂通りに登場。神賑行列の参加者の一部がこちらに登場するようになる。
  • 2005年  おきよ丸が登場。
  • 2008年  神武さま広場の場所を橘通りに移転。
  • 2010年  神武さま広場の場所を再び高千穂通りに移転。
日向神話 神々の系図


[由来についての補記]

平安時代末期には宮崎に神武天皇の都があったと言う説はかなり普及していたようですが、
飫肥藩家老を務めた江戸・明治期の政治家,儒学者である平部きょう南が

「いわれある神社ながら、悲しいかな文献のしるすべきものがない」

・・と述べているように明確な文献が見つかっていないことも事実のようです。

*「平部きょう南」は正しくは平部きょうなんと書きます。(旧漢字の為文字化けの可能性があるのでひらがなを使用しました。)



宮崎観光写真 宮崎神宮(みやざきじんぐう)- MIYAZAKI Shinto Shrine


このページは公式サイトではありません、宮崎の神社・名所等を紹介する一個人のページです。






宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画の紹介
宮崎の美しい花・神話ゆかりの場所などを紹介した動画

あなたの撮影した「宮崎神宮」「宮崎」の画像をUPして下さい。
ご自由にどうぞ→PhotoMiyazaki画像あっぷあっぷBBS
- 2009/01更新 -

The contents of this site are written in Japanese only Please use English translationsite.
みやざき
PHOTO MIYAZAKI 宮崎観光写真  (宮崎県観光ガイド、旅行ガイド)
このページへのリンクはフリー/連絡不要です。BBS、ブログ等からもご自由にどうぞ。
尚掲載された画像の使用に関しては→こちらを参照して下さい。 メールはこちら

backPHOTO 宮崎 宮崎観光写真TOPへ |  backMORIMORI HomePage へ


Photo Miyazaki 宮崎観光写真 宮崎だぁJP ひむかブログ1 宮崎の観光や宮崎の話題をを中心としたブログ(旧)ひむかブログ2 宮崎の観光や宮崎の話題を中心としたブログ(新)ひむかブログX 宮崎の観光や一般話題を中心としたブログ

Copyright © 2002-2014 MORIMORI All Rights Reserved.




PhotoMiyazaki-宮崎観光写真について

人も自然もぽっかぽか Miyazaki
このページは、宮崎県在住のページ開設者(MORIMORI)が 宮崎県の観光、宮崎県のお奨めスポット・宮崎県の名所・宮崎県の史跡 ・宮崎県の景色・宮崎県の花・宮崎県の美味しいもの・宮崎県の神楽等に代表される伝統芸能等々・・Webに掲載したの写真で宮崎県を紹介 するサイト「PhotoMiyazaki-宮崎観光写真」の一ページです。

まだまだ、紹介しきれておりません。
宮崎県には良いところ・素晴らしい伝統・美味しいものがたくさんあります。
WEB(写真)では伝えきれません!

是非あなたも 「人も自然もぽっかぽか」 宮崎へいらしてください!
リンクフリー facebook twitter blog 等リンク大歓迎。